誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

スバル R1が欲しい 今でも魅力あふれる

ニュース

スバル R1が欲しい 今でも魅力あふれる
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

世界に誇れる「小さくて経済的な車」

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はスバルR1(絶版)を取り上げたいと思います。ご存知のように、スバルはトヨタと資本提携を結ぶことの引き替え条件的に、自社による軽自動車の生産を中止することになりました。このR1は今年3月に生産が終了。スバルはすでにダイハツからのOEMの軽自動車を販売しています。しかし軽自動車で唯一4気筒を積んでいたり、4輪独立懸架のサスペンションが奢られているスバルの軽自動車は根強い人気があります。

R1 フロント
5ドアのR2のホイールベースを短くして作られたとはいえ、R2の新車時価格が86万円~だったのに対し、R1は114万円~142万8000円(2005年のスーパーチャージャーモデル登場時)。価格も軽自動車にしてはスペシャルカーでした
R1は2004年12月にデビュー。前年度の東京モーターショーに出品されたコンセプトカー「R1e」を、ほぼそのままに市販化したモデルで、R1より1年前に登場した5ドアのR2のホイールベースを165mm切り詰めて2ドア化したものです。とはいえ、最初からR1があって、2ドアじゃあまり売れないだろうから5ドア(つまりR2)も用意して先に売っておこうか、という臭いがプンプンするほど、とてもデザイン的にまとまっています。

ホイールベースを切り詰めたわけですから、後席はお世辞にも広いとは言えませんが、軽自動車に4人で乗る機会はなかなかないよという方も多いはず。そういった方々にはピッタリなサイズです。軽自動車枠いっぱいにサイズを拡大している車がほとんどの中、全長で110mmも「余らせて」作られた贅沢な軽自動車、という見方もできます。自動車大国ニッポンにおいて、軽自動車をもっと世界に誇るべきだと思っている私としては、軽の中でも広いとか狭いという日本人的な尺度でこの車を見るのではなく、一台の自動車として、「小さくて経済的な車」として世界に出しても恥ずかしくない一台だと思います。

R1 リア
R2よりドア枚数が少ない分、ドアの長さを拡大。またドアヒンジを前傾させることで、ドアを全開にできなくても上方がより大きく開いて乗降しやすくしています。また最廉価版となるiでもアルミホイールを標準装備しています
この車に魅了された人は私だけではないようで、確かに中古車台数では圧倒的に少ない(つまり不人気だった)にも関わらず、5ドアのR2や、軽自動車の雄スズキワゴンR(旧型)に比べても中古車価格はむしろ高いのです。ですから通常ならおいしくはないのですが、まず絶版であること(二度と手に入らないこと)と、高いとはいえ例えばワゴンR(旧型)と比べて約15万円高い程度で(2005年式/4万km前後で比較)支払総額でも70~80万円で買えるのであれば、私は程度の良い車が選びやすい今のうちに買うのがお得だと思います。

とはいえ約15万円の差は無視できるほど少額ではありません。R1の魅力を次ページで詳しく見ていきましょう。

セカンドカーとしてのスペシャリティカー

デビュー当時は直4DOHCのエンジンのみで、ミッションはCVT。その約1年後にスーパーチャージャー付きに7段変速が可能なCVTを組み合わせたスポーツモデル「S」が追加されました。またSは軽自動車ながらハイオクガソリン仕様車だったのですが、2006年11月にはこれをレギュラーガソリン仕様へと変更。同時に通常のCVTも変速制御の最適化が図られ、燃費を向上させています。軽自動車にハイオク仕様車を設定するなど、直4や4輪独立サスのほかにも、スバルのこだわりが感じられる一台だったことが表れていると思います。

スペシャリティカーをうたう以上、外観のデザインだけでなく、内装にも力が入れられています。インパネ部分は基本R2と同じなのですが、マット仕上げや3眼独立式のメーターはR1オリジナルで、高級感が演出されています。またオプションにレザー&アルカンターラセレクションを用意。シートのサイドが本革で、残りがアルカンターラになるほか、本革巻きステアリングやシフトノブ、アルミ製スポーツペダルが奢られる豪華仕様です。軽自動車に、本革ですよ。そのほか静粛性の対策など目に見えないところにも力が入れられています。

R1undefinedシート
後席に大人が座ることは難しいですが、逆に後席に置いた荷物を前席から簡単に取ることができます。また後席と助手席を倒すとゴルフバックなども搭載できます。さらにラゲージには深さ約20cmのサブトランクも用意されています
軽自動車をセカンドカーとして利用する人々は今もたくさんいると思いますが、スバルはR1を「セカンドカーとしてのスペシャルカー」として開発したのであって、軽自動車のスペシャルカーを目指したのではないと思います。それはスマートがメルセデス・ベンツの、あるいはiQが他のトヨタ車セカンドカーであったりするのと同じことなのではないでしょうか。つまり、セカンドカーは小さくて経済的なほうがよく、その結果として軽自動車のエンジンを使った、と私は考えます。実際、この車に1Lエンジンを積むことだって可能だったはずですから。

さて、セカンドカーとして考えると、スマートやiQの中古車価格よりはお手頃ですし、燃費や税金面で優位です。また何より「もう二度と出てこない」という希少性まであります。個人的には、なかなか世界の車にデザインで勝てない日本車が多い中、デザインで勝負でき、さらに「ケイジドウシャ」という技術性でもアピールできる数少ない一台だと思います。車を道具と捉えずオモチャと思えるような、遊び心のある人なら、触手が動くのではないでしょうか。

このように、しっかり調べてみればお買い得な車種は意外とあるものです。あなたも一度、探してみてはいかがでしょう。

「スバルR1」のサイズと使い勝手をたしかめる

すびーちゃんねる「R1」試乗

スバル R1 R アルカンターラー

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!